BLOG

公式ブログ

2023年6月1日
浮気調査事例

【弥富市浮気調査事例】旦那様が誰かと頻繁にメールのやり取りをするようになった

今回は、「旦那様が誰かと頻繁にメールのやり取りをするようになった」の浮気調査事例をご紹介します。

依頼者:奥様(N様40歳) 対象者:旦那様

調査場所:愛知県弥富市

依頼内容

今回依頼をいただいたのはN様40歳。

随分と慌てた様子で調査依頼の相談にいらっしゃった奥様は、「旦那様が浮気をしているかもしれない」と開口一番話し始めました。

取り乱した様子でしたので、一度落ち着いてもらって、詳しく話を聞いてみると、最近、旦那様の行動に不審な点がいくつかあるのだといいます。

少し前から、旦那様の携帯には1日に何通も、頻繁にメールの通知が鳴るようになったのだといいます。

結婚してからこれまで、旦那様は仕事以外でメールが届く事は少なく、仕事のメールも業務時間外は通知を切ってしまうことから、自宅で旦那様の携帯が鳴る事はほとんどなかったのだそうです。

しかし、最近は頻繁に通知が鳴っていることに加えて、旦那様も携帯が鳴るといそいそとトイレや廊下に出ていき、奥様には見えないようにして連絡を確認しているようなのです。

旦那様の挙動に不信感を覚えた奥様は、旦那様の携帯を確認しようとしたのですが、ロックがかかっており、中身を確認することはできなかったのだそうです。しかし、以前は携帯にロックはかけていなかったはず、最近かけるようになったのであれば、見られては困る内容のやり取りをしているのだろうと思い、浮気を疑うようになったのだそうです。

そのような事情から、旦那様の普段の行動を注意深く観察するようになると、休日はこれまで同様家にいたりいなかったり対して変わりはないようですが、最近はこれまでより会社から帰ってくるのが遅くなったことに気付き、浮気を確信、慌てて弊社事務所に連絡をしたという経緯のようでした。

調査内容

とはいえ、旦那様の帰りが遅くなったと感じている事以外に、旦那様が高確率で浮気をしているとわかる日時を絞り込むのがなかなか難しい状況でした。

奥様からの聞き取りで、旦那様が浮気をしている可能性があるのは、平日勤務時間後帰るまでの時間と、休日に外出することも定期的にあるそうで、なかなか明確に絞り込めないため、まずは平日の調査を行うこととしました。

今回の調査の目的としては、

・旦那様が浮気をしているかどうか確認したい。

・浮気をしていた場合、浮気の証拠を掴みたい。

・浮気相手がどんな人か確認したい。

・その後の旦那様との話し合い次第で離婚するか浮気相手と別れてもらうか決めたい。

の4点となります。

まずは平日の調査を行いましたが、後日の調査では奥様に旦那様の外出時に連絡してもらい、休日の外出時の調査も行いました。

調査結果

まずは平日に調査を行いました。

旦那様は営業の仕事をされているのですが、外回りがメインの営業職の場合、営業成績さえ出ていれば、仕事中何をしていようが不問の場合が多く、勤務時間の浮気の可能性も考えられます。

今回の調査では、朝旦那様の出勤から調査を開始しました。

しかし、旦那様は一度事務所に行った後は朝から夕方まで外回りを行い、その後夕方事務所に帰ってからは、同僚を連れて居酒屋へ、22時頃に居酒屋から出ると代行運転を依頼し帰宅。もしくは仕事が終わって直帰の2パターンしか確認できませんでした。

なので、休日の調査をすることにしたのですが、休日は家から出ないときと、外出していくときがあるので、旦那様が外出を予定している事が分かり次第奥様から連絡をいただき、旦那様の外出時に絞って調査を行うことにしました。

日曜日に調査をすることになりました。奥様が言うには旦那様はゴルフに行くと言って朝から外出していくそうなので、自宅から張り込み尾行調査を開始しました。

旦那様は車に乗り込み、30分ほど走らせた先にあるゴルフ場に到着しました。

旦那様はゴルフの練習をしている様子でしたが、1時間程度で練習を切り上げ車に乗り込み発進しました。

そのまま帰るのかと思われましたが、車は自宅方向とは逆に走り出し、家から1時間ほど離れた場所にあるラブホテルの駐車場に車を停めました。

旦那様は車からすぐに出てくることはなく、しばらく待機していると、もう一台車が駐車場に入ってきて、旦那様の車の隣に停まりました。

隣の車から女性が降りてきて、旦那様と一緒にホテルに入っていきます。

ホテルでは3時間ほど滞在し、ホテルの駐車場で女性と解散する前、2人の車の間で旦那様と女性がキスする姿の撮影が出来ました。

まとめ

奥様に調査報告書を提出すると、怒りをあらわに、「離婚する」と行って事務所を出ていこうとしましたので、一度冷静になってもらい、今後の可能性について話をしました。

旦那様と離婚をする場合、浮気相手と別れさせる場合など今後の対応方法についてアドバイスをした後、奥様は「少し考えてみます」と言い、事務所を後にされました。

後日、再度弊社事務所にお越しになり、やはり離婚したいとのことでしたので、弊社提携弁護士を紹介しました。