BLOG

公式ブログ

2023年11月27日
探偵豆知識

【探偵豆知識】不貞行為による慰謝料で高額慰謝料請求!?その事例とは

今回は、「不貞行為による慰謝料で高額慰謝料請求!?その事例とは」の探偵豆知識をご紹介します。

浮気調査を依頼される方には、最終的に慰謝料を請求することを視野に入れてご依頼される方が多くいらっしゃいます。

あまり調査費用が高額でない通常の浮気調査であれば、大抵の場合は慰謝料請求の費用で浮気調査の費用も回収した上で十分なお金を受け取る事が出来るでしょう。

しかし、どういった場合で慰謝料がもらえるのか、高額な慰謝料が受け取れる場合がどのような場合かまで把握されている方は少ないと思います。

今回は、不貞行為による慰謝料請求を行った場合で、高額な慰謝料請求を受け取る事が出来た事例を紹介します。

そもそも、どういう場合に慰謝料請求が出来るのか

浮気調査において、浮気相手やパートナーに対して慰謝料を請求したい場合、慰謝料請求が認められる場合には実は条件があるのです。

不貞行為が原因で慰謝料請求を行う場合、

・不倫相手が肉体関係を持っている

もしパートナーが女性と毎日のようにデートを繰り返していたとしても、実際に肉体関係を持っていなかった場合は慰謝料請求が出来ません。

・肉体関係を持っている事を証明する証拠

また、肉体関係を持っている事を証明するだけの証拠が必要となります。

通常、この証拠を個人で集めるのは難しい場合が多い為、多くの方は探偵社に浮気調査の依頼を行うことになります。

・不倫相手に故意・過失があった場合

不倫相手が、パートナーが既婚者であることを知らずに交際をしていたような場合は慰謝料請求が難しい場合があります。

しかし、パートナーと離婚した場合は、既婚者であったにも関わらず不倫をしていたパートナーは言い逃れできませんので、慰謝料請求が可能です。

離婚の有無で慰謝料請求の金額が変わる?

実は、不貞行為によって、離婚したかどうかは慰謝料請求の金額に大きく関わる要素です。

慰謝料請求が認められるためには「不倫によって、パートナーとの平穏だった婚姻生活が侵害された」という事実が大切になってきます。

なので、不倫が原因で離婚してしまったという場合は慰謝料請求の金額が大きくなります。

離婚した場合の慰謝料請求金額の相場は200~300万円ほど、離婚しなかった場合は大体その半額とイメージしていただけばいいと思います。

不倫により、高額な慰謝料請求が出来たケース

前述のとおり、不倫による慰謝料請求は大体100~300万円程度ですが、場合によっては高額な慰謝料請求が認められるケースもあります。

それはどういった場合なのか、実際の事例を紹介していきたいと思います。

子供がいるのに長期的に不貞行為を続けていた判例【450万円】

子供の有無や子供の年齢は慰謝料の増減要因になっています。

この判例では、夫婦の間には当時3歳の小さいお子様がいたにも関わらず、旦那様は1年以上継続的に不貞行為を続けていました。

更に、養育すべき幼い子供がいるにも関わらず、不倫相手と頻繁に外泊し、自宅に帰らなかったり、奥様が旦那様に問い詰めたとしても、なかなか不貞行為を辞めようとしませんでした。

小さいお子様がいる中での不倫は、子供の生活にとってマイナスですし、幼いお子様を一人で育てる奥様にとっても精神的な苦痛が大きいです。

その結果、子供の存在や奥様の精神的苦痛を考慮し、不貞行為の慰謝料相場よりも高額の450万円の支払いを認めました。

不貞行為の期間が長く、慰謝料が高額になった判例【800万円】

不貞行為がどのくらいの期間続いていたかも慰謝料の増減に影響します。

一般的に、不貞行為は数か月ほどだと短いと判断される傾向がありますが、1年以上の期間に及ぶ場合は長いと判断されます。

この判例では、通常の相場を大きく上回る800万円になりましたが、不倫の期間は17年に及んでいました。

旦那様は、奥様に隠れて17年の長期に及び不倫を続けていたことが発覚し、本人も事実を認めたことから、800万円の慰謝料が認められました。

不貞行為発覚後も不貞行為を続けた【500万円】

この判例では、不貞行為を行った奥様は、旦那様から不倫を辞めるよう言われたにも関わらず、不貞行為を行い続けたことや、当の不倫相手である男性も旦那様に対しての態度が良くなかったことから、高額な慰謝料が認められました。

不貞行為発覚当初は、奥様と浮気相手が「不倫を辞める」ことを約束したにも関わらず、隠れて不貞行為を続けていました。

更に、旦那様の勤務先にいたずらはがきを送ったり、自宅に無言電話をするなど、迷惑行為を行っていました。

結果的に、子供の生活にも影響が出てしまい、旦那様の勤務先にも知られたくない事実が知られてしまいました。

以上の事情から相場より高額な500万円の慰謝料が認められました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

記事をご覧になっている皆さんも、浮気被害の内容によっては高額な慰謝料を受け取れる場合があります。

しかし、そのためには決定的な不貞行為の証拠を押さえる必要がありますので、現時点で証拠を確保できていない方は、十分慰謝料請求で費用回収できると思いますので、一度探偵社に相談してみることをオススメします。