BLOG

公式ブログ

2023年3月29日
浮気調査事例

【東区浮気調査事例】残業が増えた旦那:K様(42)

今回は「残業が増えた旦那」の浮気調査事例を紹介します。

依頼者:E様 対象者:旦那

調査場所:名古屋市東区

依頼内容

1年前から旦那様の残業が増えたそうです。

以前は18時には仕事が終わり、夕食も一緒に食べる事が出来ました。

あまり残業が多いイメージはなく、定時で帰ってくることが多かったようですが、1年前からは遅い時は深夜に帰ってくる事も増えるようになりました。

旦那様は忙しい部署を任されるようになり、今後しばらく忙しくなるとのことでしたが、同じ会社に勤める旦那を持つ知り合いの奥様に話をすると、旦那様の部署は変わってないと言います。

E様は旦那様に隠し事があると思い、浮気を疑うようになったそうです。

もし、浮気があった際は、証拠を掴み、有事の際に有利にしておきたいとのことでご依頼を受けました。

調査内容

旦那様は比較的不定期に残業があるので、時間を絞りこむのはなかなか難しいとのことでしたが、帰りが遅い日時を絞り込んでみると金曜日はかなりの確率で残業といい帰りが遅くなるようでした。

また、曜日によっても帰ってくる時間が違い、特に金曜日は遅いようなので、金曜日の定時後の旦那様の行動に絞って調査をしてみる事となりました。

帰りは遅い時は23時頃になるとのことなので、定時の18時~23時の時間で調査を開始しました。

調査結果

1日目

18時ごろ、残業と言っていたはずの旦那様は会社を退社、同僚と居酒屋に向かった。

1時間半程度、同僚と居酒屋を楽しんだ後、同僚と駅前で解散。

旦那様は駅には向かわず、会社とは反対側に10分ほど歩いた先にあるマンションに入っていくのを確認。

2時間ほどマンションから出てくることがなく、しばらくすると30代前半くらいの若い女性と一緒に出てきました。

女性と旦那様は近くのコンビニエンスストアまで向かい、飲み物やお菓子などを買っているようでした。

二人はコンビニエンスストアを出て、マンションまで向かうと女性と旦那様がマンションの前でキスをして解散。

旦那様はそのまま駅に向かい、自宅に帰宅しました。

2日目

旦那様は18時頃に会社を退社後、今日は直接女性の自宅と思われるマンションに向かいました。

30分ほどすると旦那様は女性と一緒にマンションから出てきて、近くのお寿司屋さんに向かいました。

しばらくお寿司を楽しんだ後、手をつないで近くのラブホテルへと向かうのを確認しました。

2時間ほど経ってラブホテルから手を繋ぎながら出てくるのを確認。

二人はマンションまで向かい、マンションの前でハグをして解散。

旦那様はそのまま駅に向かい、自宅に帰宅。

3日目

女性の勤務先を調べる為に、朝7時から女性の住むマンションを張り込みました。

朝8時ごろになってスーツをきて女性が出てくるのを確認。

女性はなんと、旦那様が勤務するビルに出社しました。

旦那様の張り込み時には女性を見かけなかったので、退社まで張り込んでみると、旦那様の退社時間より早い15時頃には退社を確認。

調査を終了した。

まとめ

今回は「残業が増えた旦那」の浮気調査事例を紹介しました。

報告書をお渡ししてしばらくしてからご連絡をいただきました。

旦那様との離婚を決意されたようで、旦那様と相手の女性と一度話し合いをされたそうです。

同じ会社に勤めている事がわかった相手の女性は旦那様の勤務されている会社のパート事務をされていたとのことでした。

今回の一件で相手女性はパートを辞められ、住まれていたマンションも引っ越す事にされたようです。

相手女性から慰謝料として100万円を請求し、今後一切このようなことがないように誓約書にサインをいただきました。

K様は離婚も視野に入れていたようでしたが、旦那様が反省しており、今後は絶対にしないと誓うということなので、今回は離婚をせずに再構築していくことにしました。

旦那様は家事を手伝うようになり、今は夫婦関係も良好だということでした。

1年も前から旦那様が不穏な行動をしていたこともあり、K様は心身ともに不安な生活をされていたので、今回の調査で気持ちがすっきりし、問題も解決、相談して本当に良かったとお喜びいただけました。私たちも非常にうれしい限りです。

パートナーの言動に不安を感じられた時や、悩みがあるときは、まずは誰かに相談してみるといいでしょう。

浮気調査専門しゃちほこ探偵社は、一人一人の悩みに対して全力で問題を解決するサポートをさせていただきます。