BLOG

公式ブログ

2023年5月26日
浮気調査事例

【豊田市浮気調査事例】旦那様は奥様の後輩の女性と浮気していました

今回は「旦那様は奥様の後輩の女性と浮気していました」の浮気調査事例をご紹介します。

依頼者:奥様(S様28歳) 対象者:旦那様

調査場所:愛知県豊田市

依頼内容

今回依頼のために弊社事務所にいらっしゃったのはS様28歳とそのご両親です。

ここ数ヶ月で奥様がみるみる痩せてやつれてきたようで、お母様が心配になり、奥様へ詳しく話を聞いたところ、最近旦那様の態度が変わり、喧嘩が多くなったことや、帰りが深夜になることが増えたのだといいます。

奥様は現在育児休暇をしていますが、奥様も旦那様も結婚式場に勤務しており、社内恋愛を経て結婚に至ったそうです。

現在結婚3年目ですが、結婚前からかなり優しかった旦那様は最近では奥様が帰りが遅いことを問い詰めると喧嘩になり奥様へ暴力を振るうことさえあり、奥様目線で見ても、ご両親のお二人から見ても明らかにおかしいのだといいます。

奥様は帰りが遅くなる理由を聞くと毎回はぐらかしている旦那様の様子を見て、浮気をしているのではないかと疑っていたそうです。

しかし、奥様は現在まだ1歳の息子さんのことも考えると、大きな問題にしないためにも自分だけが我慢していれば時間が解決すると我慢を続けていたそうです。

そんな時に、お母様に問い詰められて、自分の中で我慢しようとしていたことが溢れ出してしまったのだといいます。

今回は、事情を聞いたご両親がなんとかしてやりたいと決済者になり、浮気調査を行うことになりました。

調査内容

旦那様は依頼相談の数日後、会社の同僚とバーベキューで一泊する予定があるとのことで、当日は奥様も実家にお泊まりするので浮気をするのであれば絶好の日程です。

この日は必ず調査してほしいとのことでした。

奥様としては、旦那様とは離婚をしたくないため、浮気がわかった場合も離婚するつもりは現状ないとのことです。

今回の依頼目的としては、

・旦那様が浮気をしているか確認したい。

・もし浮気がわかった場合、浮気相手と別れてもらいたい。慰謝料請求に関しては状況次第。

の2点になりました。

今回、旦那様は一泊を宣言していることから、調査当日は調査を開始してから、翌日の帰宅までの調査が予想されます。

調査内で旦那様と女性の接触が見られ不貞行為の確認が取れた場合は、女性の尾行に切り替え、女性が自宅に帰宅するまでを尾行調査することで、女性の身元も割り出すことを目的とします。

旦那様のお話では、移動手段はバーベキューに一緒に行く同僚の1人の車で行くとのことですが、鵜呑みにはせず、様々な可能性を視野に入れて調査に備えます。

調査結果

調査の内容は旦那様の発言とは全く異なるものでした。

朝7時ごろになると、旦那様は自宅から出てきました。

ボストンバックを持って出てきた旦那様は徒歩で最寄駅へと向かいます。

その後、電車を乗り継いで名古屋駅に到着すると、モニュメントの近くで女性と合流しました。

旦那様は女性と新幹線乗り場へ向かうと、東京方面行きに乗りました。

朝10時過ぎには東京駅に到着しました。

東京駅からもJRに乗って乗り継ぐと舞浜駅に到着しました。

旦那様と女性はディズニーランドに到着。

その後は手を繋いでビッグサンダーマウンテンやスプラッシュマウンテンなど、アトラクションを楽しみます。

旦那様と浮気相手の女性は、それぞれミッキーとミニーのカチューシャをつけてディズニーランドデートを楽しみます。

一見普通のカップルか夫婦にしか見えない様子で堂々としているので、2人で食事を楽しんでいる様子や手を繋いでいる様子など、全て写真撮影にしました。

16時頃になると、一旦退園し周辺のホテルにチェックインした後は、再び入園し夜までディズニーランドデートを楽しみました。

夜になると退園、先ほどチェックインしたホテルに戻っていきました。

その日はホテルから出てくることはなく、翌日の朝8時半ごろに2人でモーニングビュッフェを楽しむ姿が確認できました。

その後は東京の観光地を回った後は夕方には帰宅しました。

名古屋駅に戻ってきてから、女性の尾行調査に切り替え、女性の自宅も押さえました。

まとめ

後日、奥様とご両親にご来社いただき、調査報告書を見ていただきました。

浮気相手の女性の姿がはっきりとわかる写真が複数撮れていましたので、奥様に見せると、相手女性に心当たりがあるようだったので、確認してみると、浮気相手の女性は奥様の会社の後輩だったそうです。

一度旦那様を交えて話し合ってみますと弊社事務所を後にされました。

おそらく、旦那様と奥様と奥様のご両親で家族会議をされるのであろうことが容易に想像できました。

とにかく、離婚は考えていないので、浮気相手とは別れてもらうことで話を進めたいとのことでした。

後日、連絡をいただきました。

浮気相手とは別れてもらうことができたそうです。

会社内の同僚であることからも、浮気相手へ慰謝料請求を行うのは控えたそうですが、間も無くして、浮気相手の女性は会社を退職されたようです。