BLOG

公式ブログ

2022年10月26日
浮気調査事例

【設楽町浮気調査事例】飲食店を経営する夫:M様(39歳)

M様の旦那様は、飲食店を3店舗展開している経営者でした。

ある日、家に送られてくるクレジットカードの明細を見ていると、女性物のブランド品を購入していたことが分かりました。

その時は、少し年の離れた妹にでも買ってあげたのかとあまり気にしていませんでしたが、翌月も同じように購入した明細が送られてきたため不審に思い、ご相談に来られました。

経営者ということもあり、本当に出勤しているのか分からないため1ヶ月プランで行動を見ることにしました。

ある日、職場とは違う場所に向かったため現場に急行すると女性と食事をしているのを確認しました。

食事が終わると、おもむろに紙袋を取り出しプレゼントを渡していました。

その後、ホテルへと向かい証拠をばっちり押さえたのですが、関係を持っていた女性が若く見えたのでご依頼者様に援助交際の可能性があることをご報告しました。

そのため万が一のことを考え、女性の素性を洗い出し年齢を確認することにしました。

調査した結果、女性は成人していたためホッとすることができましたが、一歩間違えば危ない調査結果になるところでした。

もちろんM様は、旦那様から慰謝料を200万円受け取って離婚されました。